赤ら顔 美白

MENU

赤ら顔だと美白は出来ない?本当はシミも気になる…。色々あきらめたくない時にはどんなコスメを使ったらいい?選ぶ時のコツを調べてみました。

赤ら顔は美白が出来る場合と出来ない場合がある

赤ら顔は美白が出来る場合と出来ない場合ってどういう事でしょうか?

 

赤ら顔でも美白できる?

 

美白が出来るのは、外から肌へ刺激があり、その刺激が原因の場合です。
間違ったスキンケアなどでお肌が刺激を受け続けて赤くなってしまっている。

 

 

美白が出来ないタイプの原因は、緊張やストレスなどで自律神経によって血管が膨張した場合です。

 

こちらは、内側からのものなので、外からの美白の化粧水などを使用しても難しいです。

 

さらに、重度の場合は、自分でケアするだけでは難しいですよね。

 

こちらは、美白というよりも根本からなおす意味で病院に行くことをおすすめします。

 

 

因みに…。

 

美白化粧品で効果が期待できる成分は?

 

 

美白化粧品で効果が期待できる成分は具体的にどんなものがあるでしょうか?

 

色々な美白化粧品があって迷いがちです。

 

中でもおすすめの美白化粧品の成分は何でしょうか。

 

ビタミンK→毛細血管が広がりにくくなって結果的に効果が期待できます。

 

セラミド→保湿力がとても高く、寒い冬になると特に赤くなりがちな方は要チェックです。

 

 

個人的に一番お気に入りは、しろ彩です。

 

理由は、肌の奥まで浸透するラメラ構造である事。

 

このラメラ構造は、赤ら顔の為の化粧水であって、さらに肌の深くまで浸透します。

 

私の実際の体験談や赤ら顔専用のしろ彩〜色々な化粧水を詳しくご紹介!
>>色々な赤ら顔用化粧水の詳細はこちら!

 

 

赤ら顔でシミもなうすくしたいって贅沢ですか?

 

赤ら顔でシミも気になる。そんな時に使える化粧品はあるのでしょうか?

 

赤ら顔もシミも気になる

 

色々と調べましたが、シミと両方同じくらいの効果がある化粧品は探しきれませんでした。

 

 

シミの場合も濃いシミになると、美容皮膚科で赤ら顔の治療と一緒にレーザーでシミもとってしまうという方法があります。

 

シミもレーザーで治療すれば、かさぶたになって1ヶ月もすればポロっととれてしまいます。

 

私は怖くて出来ませんでしたが、同じく悩んでいた友人は両方とも同時に治療をしてシミもとっていました。

 

 

赤ら顔用コスメはお肌の負担にならないものを選びましょう

 

赤ら顔用コスメの成分なども敏感になりがちなお肌に負担のかからないものにしたほうがいいですよね。

 

コスメは負担にならないものを

 

さらにシミのないお肌になればさらに気分も明るくなります。

 

シミを手軽に消せるのはやはりコスメ!

 

気になるシミも同時に消すことが出来るコスメがおすすめです。

 

 

どんなものを選んだらいいのでしょうか?

 

そのコスメを選ぶ時も、ある程度こだわって選ぶことをおすすめします。

 

成分などもよく見て、肌に負担の少ない自分の肌になじむものを選びましょう。

 

 

こだわりポイント

・保湿力があるコスメを選ぶ
・デリケートな肌につける物なので、出来るだけ低刺激のもの
・抗炎症作用がある
・アルコールフリー

 

 

コスメも様々なメーカーから出ているので、色々と試してみるのがいいですよね。

 

 

後は、自分の肌の色にあったものがおすすめです。