赤ら顔 ニベア

MENU

赤ら顔にニベアやワセリンを塗っても大丈夫?冷たい水で顔を洗ったらスッキリするけどやっても大丈夫?素朴な疑問を解決したくて調べてみました。

赤ら顔にはニベアを塗ってもホントに大丈夫?

 

赤ら顔にニベアを塗っている人がいたので気になったのですが、ホントに塗っても大丈夫なのか気になって調べてみました!
NIVEAを顔にぬってもいい?

 

ニベアといえば、ず〜っと前から薬局に行けば必ずおいてあるし馴染みのあるものですよね。
そもそもニベアは薬?それとも化粧品?

 

ニベアは医薬部外品の化粧品です。

 

ニベアは、手に塗ったり、リップクリームで唇に塗る印象があります。

 

手荒れを防ぐために塗るイメージがありますが、顔に塗っても大丈夫?

 

答えは…?

 

 

ニベアの昔からの固形のタイプを単体で顔に塗るのはおすすめ出来ません。

 

 

ニベアには、主に保湿をして肌の水分をキープする。

 

肌の水分の蒸発を防いで潤いを保つ。

 

この効果があります。

 

ですので、乾燥している肌にニベアを塗ってもキープする水分がなければ意味がありません。

 

保湿がとても大切だからです。

 

もし、固形のニベアを塗る場合はその前に化粧水などで保湿をしておきましょう。

 

それと、赤ら顔の原因に直接効くような成分は入っていないので、あくまでも二次的な活用の仕方をおすすめします。

 

肌に蓋をするイメージですね。

 

 

赤ら顔にワセリンを直接塗っても大丈夫?

 

赤ら顔にワセリンを直接塗っても大丈夫なのでしょうか?

 

ワセリンを顔にぬってもいい?

 

答えは、こちらも単体ではおすすめ出来ません。

 

ニベアの成分の中にワセリンも実は入っています。

 

私の場合は皮膚科に行った時にワセリンを処方された事もあります。

 

ただ、顔用で出されたのではなく、ワセリンはあしが乾燥して象の皮膚みたいになった時でした…(笑)

 

ワセリンは皮膚の保護や水分の蒸発を防ぐために出されたものです。

 

 

ニベアと同じで直接的に改善するような成分は入っていないんですね。

 

 

その点を踏まえると、肌の保護を期待する場合はいいかもしれません。

 

化粧水などを付けた後でワセリンでお肌の水分をキープするためにワセリンを薄く塗る。

 

こちらも化粧水をつけたあとなら乾燥を防ぐ効果はあります。

 

でも、改善を期待する場合には赤ら顔用の化粧水などを使用するほうがおすすめです。

 

私の実際の体験談や赤ら顔専用の化粧水を詳しく紹介しています!
>>赤ら顔用化粧水の詳細はこちら!

 

赤ら顔に冷たい水で顔を洗っても大丈夫?

赤ら顔に冷たい水は使っても大丈夫なのでしょうか?

 

赤ら顔に冷たい水はだめ

 

答えは…?

 

冷たい水で顔を洗うのはNGです。

 

何故なら、冷たい水は肌への刺激になってしまうからです。

 

逆に熱すぎるのも肌への刺激になってしまうのでこちらもNGです。

 

冷たい水で顔を洗うだけで毛穴がキュッとなるイメージで肌にもよさそうですが、実際は毛穴が小さくなるわけではないようです。

 

冷たい水は逆に、肌の血流が悪くなる可能性も…。

 

血流が悪くなるだけだとイメージがわかないかもしれませんね。

 

血流が悪くなると、結果的に肌の老廃物もうまく排出されず肌トラブルの原因になりかねません。

 

 

冷たい水も熱いお湯もダメならどうする?

 

肌への刺激を考えると、ぬるま湯でよく泡立ててから洗顔するのがおすすめですよ。

 

刺激を与えないスキンケアをして、赤ら顔用の化粧水を使うのが効果的です。